小林歯科医院

最新のマウスピース矯正

インビザラインシステム

インビザライン
透明で取り外しが可能なマウスピース矯正
「インビザライン・システム」とは、米国アライン・テクノロジー社が1999年に提供し始めたマウスピース型の矯正治療です。透明で取り外しが可能なマウスピース「インビザライン・アライナー」を2週間ごとに新しいものに交換することで、無理なく歯列矯正していくことができます。

インビザライン・アライナーは、自分で取り外し可能、しかも快適

インビザライン


インビザライン・アライナーの装着は違和感が少ないので、日頃の多忙なライフスタイルにも支障がありません。2週間に一度、治療の進行状況を確認し、新しいインビザライン・アライナーと交換します。自分で簡単に取り外し可能なので、食生活もこれまで通りです。歯磨きやフロスにも全く影響がないので、歯と歯周組織をこれまで通り健康に保つ事ができます。

i-Teroスキャニング

より精密で正確にスキャニング

インビザライン矯正のためのデジタルスキャニングカメラ
i-Teroスキャニングの導入で簡単なシュミレーションができるようになりました。

シュミレーション料金 1,000円(税別)
従来のシリコンラバー印象(ゴム質の粘土)による歯型を採る代わりにインビザライン・システムのための光学デジタルスキャニングカメラ(以下iTero®)を導入することにより、精密で正確な歯型を採ることが可能となりました。iTeroは、1scanで300枚の画像を撮影し、1セグメントあたり最大で30scan計測し、3D化されるので精密なデータが作製されます。

短時間で撮影が可能

従来のカメラに比べ撮影時間スピードがアップ!
iTeroの導入で短期間での撮影が可能となったことにより、患者さんの負担が大幅に少なくなり、インビザライン矯正治療が開始されるまでの期間が半分以上短縮されます。
スキャニングの結果はその場で確認することが可能なので、従来のように印象採得の不備で後日、患者様に再度来院して頂く必要がありません。

嘔吐反射がある方でも安心

i-Teroは印象材を使用しません
小さなお子さまや女性の中には印象採得で嘔吐反射を起こす方がいらっしゃいますが、iTeroによる歯型取りは印象材を使用せずに光を当てながらのスキャニングになるので、嘔吐反射がある患者様にも快適に利用できます。
iTeroによるスキャニング
スタッフによるi-Teroを使用したスキャニング
スキャニング結果の説明風景
スキャニング結果の説明風景

インビザラインのメリット

メリット① 従来型の矯正装置に比べて痛みが少ない
インビザラインは従来型の矯正装置に比べ、比較的痛みが少ないと言われています。 その理由の一つとして、インビザラインでは一つのマウスピースで動く歯の移動量が0.25mmと決められており、過度な力がかかりにくいことが挙げられます。 またワイヤーやブラケットを使用していない為、粘膜に当たる痛みや刺さる痛みは無く、口内炎ができることはほとんどありません。
メリット② 取り外しができて衛生的
インビザライン・アライナーは取り外しが可能なので、歯磨きやフロスも普段通り行えます。また、簡単に洗浄ができ衛生的です。
メリット③ 食べたい物が食べられる
取り外しできるので、いつもと変わらない食事をとることができます。
メリット④ 金属による悩みも解消
インビザライン・システムの素材は透明なプラスチックなので、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。
金属アレルギーで矯正治療を断念した方も、安心して治療を受けて頂くことができます。
メリット⑤ 透明で目立たなく、しゃべりやすい
「矯正治療がしたくても見た目が気になる」という方は多いのではないでしょうか。 インビザラインは薄く透明で目立ちにくい装置です。自分からマウスピースをつけていると言わない限り、周りに気付かれないという患者様も多くいらっしゃいます。

インビザラインQ&A

具体的に、どのような治療法ですか?

3次元コンピュータ画像技術を駆使し、 治療の開始から終了までの過程を緻密にシミュレーションするところからはじまります。このシミュレーション結果に基づき、症例に適合した一連の 「インビザライン・アライナー」をカスタムメードで製造します。患者さんは、 矯正歯科医の経過観察のもと、装着するインビザライン・アライナーを交換していくことで 徐々に歯を移動させていきます。シミュレーションされた最終位置に移動するまで、これを繰り返します。

治療費用はどのくらいかかりますか?

必要な治療の種類や期間などを踏まえて決定されるのが通常です。お支払い方法等も含め、治療を担当する矯正歯科医に直接ご相談ください。

永久歯が生揃っていない10代の治療も可能ですか?

以前は永久歯がすべて生え揃っている患者様が対象でしたが、現在は、犬歯や奥歯で生え揃っていない歯がある方でも治療ができます。 詳しくはご相談ください。